東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 & 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻(兼担)
 
Welcome
小泉研究室へようこそ.本研究室は2011年4月に発足した宇宙推進工学に関する研究室です.電気推進(プラズマ推進)や超小型推進を軸として,新しい宇宙利用開発を促進する研究およびプロジェクトを進めていきます.
大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻(本務)と大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻(兼担)の両専攻で活動を行っています.
当研究室は,大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 小紫研究室と共同で研究を実施しています(小紫・小泉研究室のページはこちら). 

 

Latest Updates

 RSS
引っ越しと実験系改善ataka12/04 21:29
安宅です. 怒涛の引っ越し作業がようやく終わろうとしています.本当にインフラ会社への連絡がめんどくさかった.... 健康な住まいを手に入れたので,今後は研究に一層集中できるはずです. 廊下. キッチン. 最近は水イオン実験系の...
へりくつピーマンakiyama12/03 12:29
M2の秋山です. 今年もカウントダウンに入りつつありますがいかがお過ごしですか. 最近はもっぱら実験室に一人で立てこもっているのですが,誰かと話したくて仕方なくなります(独り言が多くなってきた). 昨日学部4年生の卒論発表が終了し...
山村ですけど今日はyamamura11/30 23:59
今日はもつ鍋!!!
真っ赤なポット買いましたtahara11/27 17:41
こんばんは。 学術支援職員の田原です。 日が暮れるのが早くなりましたね。 ここのところ何かと忙しくて、どうやら秋を満喫しないうちに冬になりそうです。 この間買った赤いポットで温かいコーヒーを飲みながら 今度はスキー三昧&温泉三昧を夢...
荒川・小紫・小泉研究室2019忘年会koizumi11/26 11:31
今年も実施します!!2019年12月7日(土),ふるってご参加ください!
Lab LIFE
研究室における活動(公私なんでも)を記していくブログです.

Twitter


Facebook

 
Information
 
小泉研究室からのお知らせです.
12345
2019/11/26

荒川・小紫・小泉研究室2019忘年会

Tweet ThisSend to Facebook | by koizumi
今年も実施します!!2019年12月7日(土),ふるってご参加ください!

11:31
2019/11/13

安宅泰穂くん,第63回宇宙科学技術連合講演会 学生優秀賞を受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by koizumi
首記のとおり,M2の安宅泰穂くんが徳島で開催された第63回宇宙科学技術連合講演会において学生優秀賞を受賞しました.

16:36
2019/08/14

西井啓太君,Small Satellite Conference 2019においてStudent Poster Awardを受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by koizumi
首記の通り,博士課程の西井くんが受賞しました.小型衛星の学術会議として,SSCは世界最大のものですので,そこでの受賞は見事です.次回は,本会議のStudent Competitionに出場して1st Placeをとって欲しいものですね(本選1stの副賞は$10,000!).なお,2008年に,現名古屋大学の稲森先生(当時,中須賀研究室)が,本選において3rd Placeを獲得しています(副賞$3,000).

10:36
2019/03/30

三田評論;宇宙特集関連記事

Tweet ThisSend to Facebook | by koizumi
小泉宏之です.慶應義塾大学が発刊している三田評論の特集「日本の宇宙戦略を問う」に関連記事を寄稿しました.
・「ロケットエンジンの進化による,これからの宇宙探査の可能性」,三田評論2019年3月号,pp.36-42
大層なタイトルに見えますね.先の本を書いたり,研究者と話したりしていると「結局のところエネルギー密度だよね」という要約にいたり,そこを強調したくて執筆しました.
web版の三田評論オンラインでも読むことができます→こちら

慶應は私が学部時代を過ごした場所でもあるので,そこの雑誌に寄稿できることは感慨深かったです.今や,日吉駅には地下鉄があり,キャンパスにはSDMがあり.最後に訪れたのは指導教員の棚橋先生の最終講義の記憶です.久しく足を運んでいませんので,懐かしいですね.

ただ,一応言っておくと,「三田キャンパス」に足を運んだのは生涯累計5回くらいです(合格発表,手続き,三田祭2回,二郎,etc).ということで,上記記事で太陽系スケールを日常に落とし込む際に,中心(太陽)を三田ではなく日吉に持ってくることには,何も疑問をいだきませんでした.三田は華やかでいいですよね.


00:16
12345
COUNTER143263
Copyright©2014 KOIZUMI, Hiroyuki all rights reserved.