東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 & 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻(兼担)
 
Welcome
小泉研究室へようこそ.本研究室は2011年4月に発足した宇宙推進工学に関する研究室です.電気推進(プラズマ推進)や超小型推進を軸として,新しい宇宙利用開発を促進する研究およびプロジェクトを進めていきます.
大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻(本務)と大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻(兼担)の両専攻で活動を行っています.
当研究室は,大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 小紫研究室と共同で研究を実施しています(小紫・小泉研究室のページはこちら). 

 

Latest Updates

 RSS
SHIMHANDA SeniorAffiliation...koizumi10/05 07:37
SHIMHANDA SeniorAffiliation: Department of Advanced Energy Engineering ORCiD Email: s.shimhanda@al.t.u-tokyo.ac.jp ...
 ** ***  TOMONARI Sachiko...koizumi10/05 07:36
 ** ***  TOMONARI Sachiko 所属:東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任専門職員   Email:* 出身地:* 趣味:* 生息地:*
キューブサットから100 kg級のものまで,小型宇宙機...shirasu04/13 10:01
キューブサットから100 kg級のものまで,小型宇宙機の利用がますます進展しています.小型宇宙機用の推進機に適した推進剤の一つとして,水が注目されています.水は液体状態で安全に貯蔵でき,入手コストや取扱性にも優れています.これまで,キ...
次世代小型宇宙機用の推進機として,水を推進剤とする低電...shirasu04/13 09:35
次世代小型宇宙機用の推進機として,水を推進剤とする低電力ホールスラスタの研究を行っています.直径数 cmの円環状チャネルで水蒸気を直接プラズマ化し,電磁場の相互作用でイオンビームを生成します.100 W級のシステム電力で,地球静止軌道...
「水」を推進剤とするレジストジェットスラスタ 「水」は...koizumi04/12 15:25
「水」を推進剤とするレジストジェットスラスタ 「水」は常温常圧で液体貯蔵可能であり,入手性・取扱い性に優れていることから,小型推進機の推進剤として注目されています.水レジストジェットスラスタは小型の電気推進機よりも高推力であることから...
Lab LIFE
研究室における活動(公私なんでも)を記していくブログです.

Twitter


Facebook

 
Information
 
小泉研究室からのお知らせです.
12345
2022/03/03

関根助教らの論文がJournal of Applied Physicsに掲載されました

Tweet ThisSend to Facebook | by sekine
関根助教らの論文がJournal of Applied Physicsに掲載されました.
マイクロ波放電型中和器の内部における電子エネルギー分布関数を実験的に解明し,
さらにその非Maxwellian性がプラズマ生成に及ぼす影響について議論しました.
https://doi.org/10.1063/5.0069600
また本論文は,J. Appl. Phys.誌の "Physics of Electric Propulsion" 特集(招待制)の一部として出版されています.

10:38
2022/01/09

2021年度小紫・小泉研究室忘年会

Tweet ThisSend to Facebook | by koizumi
今年もたくさんのご参加ありがとうございます!
来年も開催しますので,12月の第1or2土曜の確保お願いします!!

03:01
2021/08/23

西井啓太君(博士3年)の論文がActa Astronauticaに掲載されました

Tweet ThisSend to Facebook | by nishii
西井啓太君(博士3年)らの論文 "Low-pressure-vaporization of water droplets on wall under normal and microgravity conditions" がActa Astronautica誌に掲載されました.(doi: 
https://doi.org/10.1016/j.actaastro.2021.05.039
同論文はレジストジェットスラスタに用いられる「気化室」内部における液滴の蒸発過程を微小重力下で観測した結果を報告する論文です.

18:43
2021/05/03

関根特任助教らの論文がAIP Advancesの表紙論文に選ばれました!

Tweet ThisSend to Facebook | by sekine
関根特任助教らの論文「Measurement and identification of azimuthal current in an RF plasma thruster employing a time-varying magnetic field」が,
雑誌AIP Advances 2021年1月号の表紙論文に選ばれました.

当該論文はAIP AdvancesのFeatured articleにも選ばれていますが,Featured articleは各月に数本選定されるのに対し,
表紙論文となるのは1本のみとなるため,大変名誉なことです.

16:07
12345
COUNTER213041
Copyright©2014 KOIZUMI, Hiroyuki all rights reserved.