東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 & 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻(兼担)
 

研究/プロジェクト紹介

小泉研究室あるいは小泉が関わっている研究およびプロジェクトを,過去も含めて紹介します.

学術研究(基礎)とプロジェクト(応用)は車の両輪のようなもので,互いに情報を交換/共有することが工学には必須です.研究を元に新しいプロジェクトを生み出し,プロジェクトを元に良い研究を進めることができると考えています.このために,研究とプロジェクトを両輪として,宇宙利用開発に貢献できるよう活動していきたいとおもいます.
 
研究活動紹介
 

低電力小型イオンスラスタ

Miniature Ion Thruster小型衛星用のマイクロ波放電式超小型イオンスラスタの研究を行なっています.直径1 cmほどのイオンビームにより,200-400 μNの推力を発生させ,1000-1500 sの比推力を有します.全推進システムとして必要な電力は10-20 W,質量は3-5 kg程度であり,20-100 kgの小型衛星に適した推進系としての研究を実施しています. 詳細はこちら.柏で実験を行います.
 

電磁誘導加速スラスタ

将来的な有人の深宇宙探査に向けた1MW級大型電気推進の研究を行っています.本研究の電気推進は完全無電極下でプラズマの生成・加速を行い推力を発生させることを目的としています.絶縁容器内に生成したヘリコン波プラズマを外部から印加した高周波磁場よって加速させる(押し出す)方法で,原理的寿命のない次世代電気推進を実現させようとしています. 詳細はこちら.柏で実験を行います.
 

水レジストジェットスラスタ

キューブサット(10cm角を単位とした超小型衛星)に搭載可能な,水レジストジェットスラスタの研究を行っています.液体の水を常温低圧下で蒸発させてスラスタヘッドに送り,スラスタヘッドにて100℃前後に加熱後排出して推力を得ます.比推力は70 s前後,推力は2-4 mNです.水を推進剤とすることで,安全性と取扱性を極度に高めた小型スラスタを実現します.一般的な水レジストジェットスラスタは,水(液体)の蒸発と加熱を同時に行い加熱後の温度は1000℃前後に達します.一方,本スラスタは蒸発と加熱の分離および低温蒸発を特徴としています.これにより衛星他コンポーネントの排熱利用や原理/構造の簡素化が可能となります.本郷で実験を行います.
 

小型固体スラスタ

キューブサットにも搭載可能な超 小型推進系の研究を行なっています.小分けにした小さな火薬を半導体レーザーにより着火させていくことにより推力を得ます.比推力は100-150 sと電 気推進に比べて低いですが,レーザ着火と固体推進薬を用いたシンプルな構成により,キューブサットクラスへの搭載が可能な推進系です.また,短時間で大き な推力を得ることができます.詳細はこちら.本郷で実験を行います.